サーフィン初心者が身体で感じる海の環境

最近始めた趣味のサーフィンにはまっていますが、勿論サーフィン自体が楽しいということ以外にも偉大な自然に身を任せることで色々な環境問題について考えさせられる時間でもあります。
海の環境は私が子供のころに比べると様々な変化を遂げていることにも気づかされますし、リフレッシュをするために海に入ることで海から地球環境が崩壊しかけているということを体で実感します。
海に入ることは色々なことを気づかせてくれる貴重な機会です。

サーフィン初心者でも分かる海の水温

友人に誘われて念願だったサーフィンを始めたのですが、そこでは色々な事に気づくことがあります。
たとえば海の海水温です。
これについては私が子供のころに比べると驚くほどぬるくなっており、湘南では真夏はお湯に感じる程です。
冷たい海水を求めて海水浴に来ている人もこれには驚かされるのではないでしょうか。
私もサーフィンをするために初心者なのでウェットスーツを着て入りましたが、水着一枚でも事足りる位高い海水温ですので、サーフィンをしている間喉が渇いてしまって仕方がないほど暑く感じました。
茨城や千葉でも入る機会がありますが、海水温が湘南よりも低いといわれているこのエリアですら水温が高くて周囲の人も驚いていました。
茨城の海など、海水温が低くて有名なのですがそれでも水着で入りたくなるほど温かいのです。
身体は正直ですので、こうした環境の変化には敏感でサーフィン自体はとても楽しいのですが入っている間中何か地球が変化しているような不気味な感じを覚えました。

環境はどのように変化しているのか

簡単に言うと、地球が温暖化しているので海水温が上がってしまうということで間違いないと思います。
温暖化の影響は夏場の気温にも表れていますが、海に入っていて思うのは風が強い日が以前より増えた事です。
これは海水温とも関係があるみたいですが、海水温が昔より高くなって風の強さや向きなどもそれに応じて変わったのではないでしょうか。
海に入っていると、ゴミも多いですし水温も高く風も強いです。
又、砂浜が昔より減っているところが多く海水浴場が閉鎖になったり、サーフポイントでなくなるところも相次いでいるほどです。
砂浜が削られるというのも環境の変化ですし、確実に数十年前とは海の環境も変化しています。
今後はますます砂浜が削られて、サーフィンが出来なくなるポイントが増えるといわれています。
サーファーの立場から言うと、良い波が立たなくなったポイントが多いのは人間が作った堤防によるものという話ですが自然と人間の共生は永遠のテーマと言えるでしょう。”

腎不全治療から考える身体の環境問題

日本は腎不全に悩んでいる人が多い国です。
透析を受けている人は25万人を超えていて、その数は増え続けています。
腎不全は腎臓の機能が低下して起こる病気です。
正常な尿を腎臓が作らなくなった状態で、腎不全が急速に進行するものが急性腎不全と呼ばれます。
進行が緩やかなものは慢性腎不全で、症状が進むと身体に様々な症状が出ます。
腎臓機能が基準以下になると自分の腎臓では生命を維持することができなくなり、透析を受けるか腎移植をするか選択することになります。

腎不全の原因

急性の原因は全身性疾患や医療行為によるものなど様々な原因があります。
原因がどこで起きているかをみて3つに分類されます。
何らかの病気で血圧が低下すると腎臓に流れる血液が減って尿が作れなくなってしまいます。
血液が減少すると細胞に酸素が届きにくくなって細胞が死にます。
尿細管の細胞は酸素が少なくなるとダメージが大きいです。
血液の流れが正常に回復してもすぐには回復できず、新しい尿際細胞が正常に働くまで尿を作ることができなくなります。
慢性で多い原因は糖尿病です。
糖尿病は血液内の糖分が増えることで起きる病気です。
糖分が増えると血管と腎臓から血液を運んでいる血管が拡張して量が増えます。
腎臓内の血圧が上がってしまうことで機能が悪化します。
尿が腎臓を出た後に原因があるケースもあり、前立腺肥大や尿管結石などには注意が必要です。
症状は人によって異なり、初期はまったく症状がない人もいます。
別の病気の検査をしたときに腎臓の病気であることがわかるケースもあります。

身体の環境は自分で守る必要がある

腎臓は身体の水分量を保つ働きを担っています。
ろ過されてできる尿は1日に150リットルです。
体外へと排出されるまでに99%は再吸収されるので、実際の量は少なくなります。
腎機能が低下してしまうと再吸収が難しくなって尿の量が増えます。
人によっては頻尿の症状が出る人もいます。
さらに悪化すると尿自体を作れなくなり、尿の量が減ってしまいます。
腎臓機能を悪化させないためには早めに病院で医師の診察を受け、適切な治療を受けることが大切です。
自分の健康や生活環境は自分で守る必要があります。
腎臓の状態が悪いことがわかったら、無理をせずに体が回復するまで医師の指示に従って治療を続けます。
急性腎不全では食事療法が最も重要な治療法になります。
時期によって食事制限の内容が異なるので、遺影や栄養士から詳しく説明を受けて食事療法を実践します。
腎臓の負担を減らすためにエネルギーを十分に確保してタンパク質と塩分の制限を行います。

千葉・四街道の時計買取店の環境保護活動

環境保護活動の重要性が叫ばれる現代社会では、人知れずに環境保護に貢献をしている人がいたりするのは嬉しく思うものです。
積極的に活動をしていることをアピールするのも悪くありませんが、密かに行っているというのもとても素晴らしいことだったりします。
先日千葉・四街道の時計買取店に足を運んだ時に、たまたま環境保護活動の話題が出てきてそのときに誰に宣伝をするわけでもなく、売上の一部を寄付していると聞いたときには感動をしました。

売上の一部を寄付しているらしい

千葉の時計買取店に訪れたときのことだったのですが、暇な時間帯だったので軽く雑談をしていると、そこでは環境保護活動に力を入れているということで、売上の一部を寄付していると聞きました。
この話題を最初に振ったのは自分で相手の方から言ってきたわけではなく、店の中にもそのようなことを一切書いていませんでしたから、商売目的とは一切抜きにして完全に善意で行っているというのがわかり、立派な店だなと感じました。
中には慈善活動を行っていることを積極的にアピールして宣伝を行うようなところもあり、それはそれで啓蒙活動のひとつとなりますから悪くはないのですが、それでも誰かに言うわけでもなく密かに活動を行っている店はとても立派だと感じます。
人間が生きていく以上、環境破壊をゼロにすることはできませんから、それに対して少しでも保護をするための貢献をするというのは、どのような理由があるにしても立派なものです。
そのような活動が地球を守っていくのではと思います。

環境保護を考えている店は素敵!

最近は環境保護を考えている店も増えてきましたが、このような店は本当に素敵だと感じます。
特に日本の社会は長引く不況で余裕の少ない所も多いわけですが、そのような中でできるだけのことをして自然や地球を護るために貢献をしようとする姿はとても素晴らしいものです。
大体そのような店というのは、従業員に対しての待遇も良かったりしますし、その結果として利用する人間からしても魅力的な店が多いため、やはり良いことをするとそれは回り回って自分に返ってくるのだなと言うことを実感させられます。
情けは人の為ならずといいますが、まさにそれを体現しているものであり、このような考えがもっともっと増えてくれればいいと思います。
どこにでも事情があるわけですから、環境保護を考えていないのが悪いとは一概に言うことはできませんが、それだけにしっかり考えている店はそれに見合った評価をして、応援をしていきたいところです。
一人一人の意識によって環境は守られて行くのです。

横浜の看板はアメリカの環境保護についての看板だった

横浜へ行った時のことです。
そこで見かけた看板にアメリカの環境についてのことが
書かれていました。
具体的には環境保護に関しての内容です。
確かに環境保護を考える際には日本国内のことだけでなく、
アメリカを含めた世界全体で考えていかなければならないでしょう。
横浜の看板はそのことを思い起こさせてくれる
きっかけとなってくれました。
大統領も変わりましたし、アメリカの環境保護問題は
どう変わっていくのでしょうか。
そしてそれが日本を含め世界各国の環境対策に
どう影響をしていくのか、注視していきたいと思います。
またそれと同時に、日々の生活の中で自分が環境問題について
考えること、環境保護を意識していくことが大切だと感じました。

イスをレンタルすることは長い目で見ればアメリカの環境保護につながる

一般的にイスは、購入されることが多い家具です。
しかし、アメリカの環境を考えるなら、
イスをレンタルした方が良いでしょう。
イスのレンタルとアメリカの環境は無関係に思われがちですが、
長い目で見ればつながっています。
イスをレンタルではなく購入すると、
いずれ処分しなければいけません。
処分過程では燃やす必要があるので、二酸化炭素を排出してしまい、
環境を悪化させることになります。
また、人々が新品を購入すると、その分木材の消費が増えます。
伐採される木材が増えれば森林面積が減ってしまい、
二酸化炭素の吸収量も減り、水害が起きる原因にもなります。
アメリカの環境とイスは無関係に思いがちですが、
レンタルを選べば環境保護に貢献できるのです。

豊胸手術をして自信を得た女史がアメリカの環境保護について声高に訴えた

コンプレックスがあると、自分に自信が持てません。
自分に自信が持てないと、世界に訴えたいことがあっても、
声を上げることはできないでしょう。
しかし、胸が小さい女性が美容整形で豊胸手術を受ければ、
コンプレックスが解消して自分自身に自信が持てます。
その結果、これまで不満に思っていたアメリカの環境破壊、
環境保護政策についても、声高に訴えられるようにもなります。
アメリカの環境破壊は、国内だけでなく世界各国で行われています。
また、アメリカの環境破壊も国内で進んでいるので、
政府の環境保護政策も消極的です。
世界の環境保護を推し進めるためにも、
まずは美容整形で豊胸手術を受けて、
コンプレックスを解消してみましょう。

探偵事務所を東京で開業してからアメリカの環境保護について考えるようになった

探偵の仕事を開業してから、
さまざまな依頼が舞い込むようになりました。
そんなとき、いつも思うのが環境保護のことを考えます。
探偵事務所を東京で始めるまえは、
環境保護のことを考えるチャンスはありませんでした。
ここのところは、日本だけでなくアメリカの環境についても
思いを巡らせています。
東京にいるとなかなかわからないことですが、
アメリカの環境も保護していかなくてはなりません。
日本だけが地球を構成しているのではなく、
他にもさまざまな国があることを忘れてはいけないですね。
そんなことを探偵事務所をつくってから考えるようになりました。
さまざまな視点から物事を考えるようになったので、
探偵の職業病だと思っています。

目黒のマッサージを受けると施術料金で環境保護の寄付もできる

目黒のマッサージ行くと、肩こりや腰痛が改善されるので
とても気にいっています。
職業柄、デスクに座っていることが多いので
どうしても運動不足になりがちです。
そんなときに休憩がてら、目黒のマッサージを受けます。
そこではアメリカの環境について考えていたのですが、
マッサージをうける施術料金で環境保護の寄付ができるのです。
自分のからだのメンテナンスをしながら
環境対策になるなんて素晴らしいとは思いませんか。
これからも目黒のマッサージに通って、肩こりをなおしながら
環境に対する貢献も忘れないようにしようと思います、
こういうマッサージ店がふえてくると日本が
もっといい方向に行くでしょう。
もちろん、施術の技術力も確かです。

装飾柱のデザインの議論をした後、続けてアメリカの環境対策についての議論になった

装飾柱のデザインの議論をしていたのですが、
その話に続けてアメリカの環境対策についての議論になりました。
アメリカはどのように環境保護を考えているのでしょうか。
大統領が変わるタイミングですから、環境対策に関する政策も
大転換期を迎えると予想しています。
どんな大統領であれ、環境をしっかりと守ってくれなくては困ります。
環境があってこそ、我々人間は生活できることを忘れてはいけません。
現代人は技術を伸ばすことだけを考えて、
環境保護をしようという気概が減っていっている気がしてなりません。
これからは、環境を守っていく技術を発展させる国が
強くなっていくでしょう。
アメリカに加えて、日本もその先頭に立ってほしいものです。

製本が熱望されているのはアメリカの環境保護と対策についてのものだった

製本をすれば、将来的にも形として残しておけるから
気に入っています。
気に入った論考があった際には製本していくと、
あとに役立つことがあります。
最近製本が熱望されているのは
アメリカの環境保護と対策についてのものなので、
環境保護について考えてみたいです。
環境対策は一人では心もとないですが、
一人から始めて徐々に広げていくことも大切です。
始まりはいつだって一人なのですから、
気にすることなく環境対策を進めていこうと考えています。
アメリカの環境だけでなく、日本やアジア、
地球全体の環境のことも守っていきたいです。
それが自分達の世代に課された使命のひとつだと感じています。
そのような気持ちで環境対策を頑張っていきます。

カメラバッグにアメリカの環境についての本を入れて出かける

今使っているカメラバッグにアメリカの環境についての本を入れて
出かけてみました。
すると、急に環境保護や環境対策について
アイデアが浮かんできたんです。
これからのカメラバッグは、エコに力をいれるべきですね。
最近のカメラバッグは軽くつくられているので、
材質にも気を配っているのだと思います。
しかし、捨てるときには一苦労です。
もっと環境にやさしい材質をつかってもらいたいですね。
そうすれば、アメリカの環境はもっとよくなると思います。
バッグにアメリカの環境についての本を入れて出かけると、
いつもとは違ったことを考えられていいですね。
自分の環境保護に対する考えがより深まったと感じています。
民間企業には、実効的な環境対策をしてほしいです。

ニッケル水素電池は環境保護に大変重要な役割を果たしている

ニッケル水素電池は、何度も充電することができるので、
余計な廃棄物が発生しないので環境保護や環境対策に
非常に大切な役目を果たしてくれています。
使用済みの乾電池は、鉛や水銀などといった
色々な有害物質を含んでいるので、
適切な処理を行わないと環境に悪い影響を与えてしまいます。
アメリカの環境問題に対する意識は、日本より進んでいるかといえば、
一概にそうとは言えない状況にあります。
一般的な日本人よりも環境問題に対する意識が高いアメリカ人が
たくさんいる一方で、地球温暖化は化石燃料の使い過ぎで
引き起こされていること自体に懐疑的で、
積極的に省エネルギーに心がけることがない
アメリカ人もたくさんいます。
積極的にニッケル水素電池を利用するアメリカ人は
決して多くありません。

キューバ旅行はラテンアメリカのことを知ってから

キューバ旅行は冬場に人気だそうで、今回はラテンアメリカについて
少し紹介しようと思う。
キューバ共和国はカリブ海の大アンティル諸島に位置する
ラテンアメリカの共和国家です。
通貨はキューバペソ。
旅行のシーズンとしては雨の少ない11月から4月ごろがおすすめです。
雨季は川の氾濫等の危険が伴うため、おすすめしません。
自然が多く、観光国として環境にはとても気を使っているイメージがあります。
ビーチリゾート地としては最適です。