豊胸手術をして自信を得た女史がアメリカの環境保護について声高に訴えた

コンプレックスがあると、自分に自信が持てません。
自分に自信が持てないと、世界に訴えたいことがあっても、
声を上げることはできないでしょう。
しかし、胸が小さい女性が美容整形で豊胸手術を受ければ、
コンプレックスが解消して自分自身に自信が持てます。
その結果、これまで不満に思っていたアメリカの環境破壊、
環境保護政策についても、声高に訴えられるようにもなります。
アメリカの環境破壊は、国内だけでなく世界各国で行われています。
また、アメリカの環境破壊も国内で進んでいるので、
政府の環境保護政策も消極的です。
世界の環境保護を推し進めるためにも、
まずは美容整形で豊胸手術を受けて、
コンプレックスを解消してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です