装飾柱のデザインの議論をした後、続けてアメリカの環境対策についての議論になった

装飾柱のデザインの議論をしていたのですが、
その話に続けてアメリカの環境対策についての議論になりました。
アメリカはどのように環境保護を考えているのでしょうか。
大統領が変わるタイミングですから、環境対策に関する政策も
大転換期を迎えると予想しています。
どんな大統領であれ、環境をしっかりと守ってくれなくては困ります。
環境があってこそ、我々人間は生活できることを忘れてはいけません。
現代人は技術を伸ばすことだけを考えて、
環境保護をしようという気概が減っていっている気がしてなりません。
これからは、環境を守っていく技術を発展させる国が
強くなっていくでしょう。
アメリカに加えて、日本もその先頭に立ってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です